2020.02.13 第23回ことば+αの会

第23回ことば+αの会は、《” ことば ” のデジタル調理法いろいろ》 というテーマで行います。

と き:2020年2月13日(木)

ところ:新大阪ココプラザ3F 多目的室

◆ ” ことば ” のデジタル調理法いろいろ  担当:正木俊行

コンピュータによる自然言語処理技術が近年急速な勢いで発展してきています。

その背後には、AI の急激な進化があります。

昨年、Googleが作ったBERTというAIシステムが、文章読解問題を人間より高い正答率で解いたという衝撃的な報道もありました。

こういった技術の進歩は、文章を扱うことが重要な私たちの仕事に関しても、大きな変化をもたらします。

そこで今回は、「ことば」の問題を科学技術がどのように扱っているのか、比較的アクセスしやすいWebアプリを主として使いながら、それらの評価を試みようと思います。

以前とり上げた校正支援ソフトだけでなく、ライティング支援、音声入出力など、幅広くことばに関わるアプリケーションを検討してみます(評価対象一覧はこちら)。

常設テーマ「持ち寄りネタ」も行います。

◆ 持ち寄りネタ(校正ミス事例、街で見かけたおもしろ日本語など)

恒例の持ち寄り企画。
日ごろ目にする校正ミス・誤用・誤植。気になる言葉・表現について互いに紹介しあい、批評を加え、議論します。

興味のある方、ぜひ。終了後、懇親会もあります。
申込みはこちら、こくちーずプロから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です